商品案内  段ボールのあれこれ  運用リサイクルマーク

 
A式
   

最も一般的なダンボール箱となり、コストパフォーマンスに優れた形状です。
ふた面と底面をテープなどで封をし、使用します。

昭和物産で作られる段ボールの80%がA式です。
A式は紙の無駄と製造工程が少ないので、コスト削減が可能です。

B式
   
2枚の板ダンボールを組み合わせて本体とふた・底になる部分を構成します。
ジョイント部分は、ステッチ止めになります。
奥行のサイズが小さい箱などにも対応できます。

差込みがあるタイプの箱をB式といいます。内箱に多い形式で、底貼りに糊を
必要としません。
箱の組み立て方法には、アメリカンロック、ワンタッチ式、上下差し込みタイプなど様々です。

C式
   
お弁当箱の様に、身と蓋が別々になるタイプの箱です。
展開した状態でお届けするので、組み立てはお客様に行っていただきます。

身と蓋にわかれているケースをC式と呼びます。
一般的にはギフトケースや衣装ケースなどでよく見かけます。
底が抜けないのが特徴です。

N式
 
このような形状の箱をN式箱といいます。
見た目もよく、お客様の方で簡単に組立てられます。

展開寸法が小さく収まり、貼り加工がありませんので、B式箱よりも
お安くなります。

文書整理箱や発送ケースなどに多く用いられます。
また、見た目がいいためギフトボックスにも多く用いられます。
 

抜型などを使用して作るため、複雑な曲線や切込みなども入れることができます。
差込んで封をするので、テープなどの使用料を減らせます。

タトウ式
 
主に高さが低いもの(書籍やCD・DVDなど)をヤッコさん型のダンボールに包み
込むように梱包します。風呂敷で包み込むイメージです。
ふた面をテープなどで封をするために再封性が劣ります。
箱の4隅に隙間ができ、内容物の保護と強度に問題があります

書籍やCDなどを発送するときは、手軽で便利です。持ち運びにもラクなので、いろいろな場面で重宝します。

軽く、強く、緩衝性が高く、しかも加工がしやすい段ボール。
包装材料として今では欠かせないものとなっており、あらゆる分野で幅広く利用されています。
段ボールの「段」は「フルート」と呼ばれ、その波形の大きさによって分類されています。

Aフルート
     
約5mm ダンボールのなかで、最も一般的に使用されている厚さ約5mmの
ダンボール。外装や比較的軽い内装品の包装に適し、大きな
衝撃吸収性を発揮します。
 
 
Bフルート
     
約3mm 厚さ約3mmのダンボールです。
内容品の包装に適し、主に内箱に多く使われます。
 
 
Wフルート
     
約8mm AフルートとBフルートを重ね合わせたダンボールシートです。厚さ約8mmで、重いものを梱包する場合などに多く使われます。  
 
 
Cフルート
     
約4mm 段高約4ミリで従来、主にアメリカで使用されていましたが、
日本でも外装用として増加しています。
 
 
Eフルート
     
約1.2mm 段高1.2ミリでタテとヨコの圧縮度が均等であるため、
自由な箱の設計と美しい印刷が可能です。
 
 
Fフルート
   
約0.6mm 段高0.6ミリの極薄段ボールです。素材の軽さは段密度が低い分、
最薄のGフルートにも勝ります。
Gフルート
   
約0.5mm 段高僅か0.5ミリの超極薄段ボールです。ダイレクトオフセット印刷が
可能であり、美粧性の高い印刷ができます。

Copyright(C) 昭和物産 All Rights Reserved.